失敗しないFXの始め方とは?ポイントはたった2つです。

ぼく自身が実践している方法です。割とマジでわるくないと思っています。

この記事の結論

FXで失敗しないためにおさえるべき2つのポイント

FXで失敗しないために押さえるべきポイントは次の2つ。

  1. 1通貨から取引ができるFX会社(ネオモバ)で口座開設する
  2. 『FXで成功するための「勝ちパターン」理論』どおりにやる

なぜこの2つなのか?

なぜ上の2つをおさえると失敗しないのかについて。

次の2つの問題をクリアできるからです。

  1. 大金を失うかもしれないという問題
  2. 何をすればいいのかわからないという問題

大金を失うかもしれないという不安

「大金を失うかもしれない……」

FXにありがちなイメージですよね。ある意味、正しいんです。

でもそれは、身の丈にあっていないトレードに手を出してしまった不幸。

 

FXは、小さくはじめるのがコツです。

それなのに、数千円も一度にうしなってしまうかもしれないトレードに手を出す初心者が跡を絶ちません。

すべて知識不足のせいです。

小規模トレードから始められるFX会社があることを知らないのがすべての元凶。

 

たとえば、よく広告を打っているDMM FX。

このFX会社では最低でも1万通貨(1万ドル)以上のトレードしかできません。

MEMO
最低取引単位について、あとでもう少し解説します。

 

これがどのくらいのトレードなのかというと、一週間で数千円の損益が発生するレベルのトレードです。

いい方向にころがれば収益ですが、悪い方向にころがれば数千円~以上の損失が発生してしまいます。

初心者にはとてもおすすめできないトレードサイズです。

 

(一応、お断りしておきますがDMM FXの取引ツールは高性能であって、わるいFX会社ではありません。ただ初心者が手を出すには敷居の高いFX会社だというだけの話です。)

 

ならば、どうするか。

ネオモバのように、小さな規模からトレードを始めることができるFX会社を選べばよいのです。

ネオモバなら1通貨からトレードが可能(DMM FXの1万分の1の規模)なので、負けたとしても数銭程度しか失いません。

ですので、初心者が口座開設するならネオモバ一択です。

 

何をすればいいのかわからないという迷い

FXは、円やドルを取引して為替差益を抜いていくゲームです。

カンタンにいえば「価格が上がる」か「価格が下がるか」予想するゲームです。

 

シンプルなルールとは裏腹に、FXで勝つために勉強を始めると、山のような情報量に振り回されることになります。

「何をすればいいのかわからない…」

「何が正しいのかわからない…」

おそらく、すぐにこういった状態になってしまうハズ。

 

そこで、おすすめの書籍を紹介というわけです。

それが『FXで成功するための「勝ちパターン」理論』。

ぼく自身、この本のとおりにトレードしていて、そこそこ結果もついてきています。

発表するには恥ずかしい成績ですが、トレードの経験値をつめている実感があります。

 

最低取引単位が1通貨のFX会社について

最低取引単位とは各FX会社が定めているトレードの最小規模のことです。

カンタンにいうと「ウチでトレードするなら、最低でもこの規模以上のトレードをお願いしますね」というもの。

日本のFX会社には1通貨取引、100通貨取引、1000通貨取引、1万通貨取引の4つがあります。

 

最低取引単位 FX会社 1週間の損益の目安
1通貨 ネオモバ ±1円未満~
100通貨 マネーパートナーズnano ±100円
1000通貨 みんなのFX ±1000円
1万通貨 DMM FX ±数千円~1万数千円

※1週間の損益の目安は、ポジションをもってほったらかししていた場合のシミュレーションです。

 

注意したいのは、ネオモバであっても1万通貨取引が可能であるということです。

最低取引単位が1通貨というのは「1通貨以上なら取引が可能」という意味になります。

たとえば、経験を積んできたので1万通貨サイズのトレードをやりたいとなった時に、わざわざDMM FXに口座開設しなおす必要はありません。

MEMO
ちなみに、口座開設はどのFX会社も無料です。

 

ですので、迷ったら1通貨取引が可能なネオモバに口座を開いておけばまず間違いなしというわけです。

小さな規模で練習を積んで、慣れるにしたがってトレードサイズを大きくしていけばOK。

これなら不慣れなうちに大金を失う心配はありませんし、ほかのFX会社では不可能な練習方法です。

ネオモバで口座開設する>>

\5円トレードなら/

書籍:『FXで成功するための「勝ちパターン」理論』どおりにやる

FXをはじめるなら、とりあえずこの一冊で大丈夫です。

『  FXで成功するための「勝ちパターン」理論』 

ぼくは、この書籍通りにやって「そこそこ」の成果を残せています。

内容をここで紹介することはできませんが、「勝ちパターン」という考え方を教えてくれるのがこの書籍。

心構えといった抽象的な話ではなく「あるインジケーター」を用いたトレード手法も2パターン紹介されています。

話が具体的なので、読んだその日から実践することができます。

FXに興味があるなら、むずかしいことは考えずとりあえずこの書籍どおりやってみることをおすすめします。

余力があるなら、もう一冊。

『FXで勝つための資金管理の技術

先ほど紹介した『FXで成功するための「勝ちパターン」理論』のシリーズ本です。

FXにおいては、手法よりも資金管理の方が大切というコンセプトで書かれています。

まとめ

この記事の結論

シンプルですが、これがFXの第一歩としておすすめな始め方です。

少額で始めること(ネオモバ)、確度の高い入り方で始めること(『FXで成功するための「勝ちパターン」理論』)がキモです。

では、良きFXライフを!